1年半悩んで、やっと手に入れたリビングダイニングテーブルセット

転勤族の我が家は、どこに住んでも狭い間取りで、ダイニングスペースのない住居ばかりでした。

居間で食事を摂らざるを得なかったので、ローテーブルに座布団を敷いて暮らしていました。

ダイニングテーブルが欲しかったのですが、場所を取るイメージがあり、購入する気持ちになれませんでした。

ところが、3年程前、たまたま寄った家具屋さんで、とあるリビングダイニングテーブルに一目惚れしました。

国産でウォールナット製のセットでした。

テーブルは、足元のレバーで滑らかに高さ調整ができます。

椅子は、背もたれ付きベンチシートが2つ、背もたれが低めです。

1つはカウチソファーとしても使え、対面で置いても、L字に置いても使える物でした。

圧迫感がないようリビングで使えるようになっていました。

ベンチの背もたれはクッション5個が着いていて、座面もしっかりしたクッション材が入っていました。

クッションのカバーは取り外せ、座面のカバーもマジックテープで剥がせるため、ネットに入れれば自宅でも洗濯できる所に魅力を感じました。

見た目は、クッションカバーがチェックなので、オシャレなカフェにあるような感じです。

ただ、とても高価だったため、お店と交渉しましたが、値下げできないとの事で、一旦諦めました。

帰宅後、ネットでその商品を探してみると、九州の小さな会社がすべて手作業で作っていることがわかりました。

作業の工程も画像で出ており、品質が間違いないこと、手間がかかる分、高価になってしまうことが一目で見て取れました。

その後、他の家具屋やホームセンターを定期的に回り、ネットでも調べていたのですが、それ以上の物が見つかりませんでした。

その会社から直接購入するか、私が寄ったお店しか近場では取り扱いがないことも判明しました。

どうしても価格がネックとなったまま悩みながらも、忘れられないため、1年半その店舗に10回ほど足を運びました。

私が探している1年半の間に、私の求める物が同じような製品が様々な店舗で展示されるようになりました。

それでも、気に入る物は見つからず、夫の一言で買うことを決意しました。

手作りと運搬の都合上、納品に3週間ほどかかりました。

到着後、細かい確認をしながら、組み立てをしてくれました。

お店の手違いで、違う色の座面カバーが来たのですが、後日新品を届けてくれ、間違った方のカバーは洗い替えにといただいて助かりました。

最初に得た情報以外に、座面が広いので大人の簡易ベッドとしても使えることがわかりました。

私も時々、昼寝をしていますが、よく眠れます。

使い始めて1年半経ちましたが、椅子の配置はその時の気分や来客によって変えられるし、子どもがテーブルで勉強する時も高さを調整できるので、とても使い勝手が良いです。

こんなに気に入るとは、悩んで待って良かったなと思います。